ストリートフォトの始め方 #3

最終更新: 6月10日

How to Start Street Photography Part 3  



ストリートフォトの始め方第3回。今回は、ストリートフォトグラフィーの撮影スタイルを紹介していきます。


I am going to write about How to start street photography part 3. This time, I will share some different styles of street photography. 





フィッシングとハンティング

Fishing and Hunting


ストリートフォトグラフィーの撮影方法として、フィッシングとハンティングの2種類があります。表現や内容によって使い分けます。


There are two different helpful ways which are called fishing and hunting when you are shooting in the city. Photographers can use them by different expressional concept or situations. 




フィッシングとは?

What is fishing?


フィッシングとは、ここで、またはこの状況下で撮りたい!という場合に、そこで何かが起こるのを待ち続けるスタイルです。例えば、光と影の造形が美しいと思って、その光に合わせて髪が靡いた女性のシルエットが入ったら素敵だろうなと思った場合、そういう瞬間が来るまでひたすら待ち続けます。結構忍耐力が必要です。5分以内にその瞬間が訪れるかもしれませんし、30分後かもしれません。しかもそのチャンスは、1回かもしれません。待ちながら試し撮りでタイミングや露出のシュミレーションをしつつその瞬間に備えます。いやぁ、デジタルカメラってこれが出来るので助かります。フィルムだとシュミレーションできませんもんね。僕は、街中の光と影を撮影することが多いので、このパターンが多いです。

厄介なのは、日は動くので待ち時間が長くなるほど光と影の造形がどんどん崩れていってしまうことです。なので時には諦めて切り上げ、別の場所に移動した方が良い場合もあります。時間と場所を覚えておいて、後日再度トライする時もあります。簡単のようで忍耐と手間がかかるんです。でもうまく取れた時は感動しますよ。


Fishing is one of shooting syele that you wait at some place for great moments and subjects until they appear. For instance,  If you think that the shape of light and shadow is beautiful and it would be nice to have a silhouette of a woman whose hair was blowing with wind,  just wait until such a moment comes.


 However, no one knows when that moments come and how long you need to wait. Therefore, you need to be patient. 

The moment may come within 5 minutes, or 30 minutes later. And that chance may be one. While waiting, we will need to prepare for the moment while imagining the timing and exposure with trial shots. Unlike a film camera, a digital camera is really useful because you can take test shots many times and imagine the situation you shoot. I usually use fishing technique because I often capture  light and shadows in the city.


The issue is that as sun is moving, shape and balance of light and shadow always change every second and hard to get your ideal moment. Therefore, sometimes it is better to give up and and move to another location. Sometimes I will try again later or other days. 

It seems very easy task to wait, but it takes patience and effort. But I am so impressed when I get my ideal photos well.





ハンティングとは?

What is hunting?



ハンティングとは、待つのではなく、街中を歩きながら偶然出会ったシーンを撮影するスタイルです。街の臨場感や空気感や偶然の面白さはこのスタイルでの撮影の方が撮れる確率が高いです。興味深いシーンを求めてひたすらに歩くのですが、何も見つけられなかったという日もあります。それでもめげずに歩くことが大切です。このシリーズ第一回にも書きましたが、街歩きを楽しむことです。そうすれば歩き続けられます。歩き続ける時間が多ければ多いほど興味深いシーンに遭遇する確率は高まります。(僕の経験値調べ)そんな偶然を意図的に狙っているわけですから、失敗するわけにはいけません。チャンスは1回です。常に環境に合わせてカメラの露出のセッティングなどを確認しておくことをお勧めします。現像で救えるにも限界があります。家に帰ってガッカリしな為にもこまめに確認しましょう。


Hunting is a style of shooting that you shoot moments and subjects that you accidentally encounter while walking around the city, rather than waiting. If you choose this style you will be able to easily capture city's atmosphere and accidental experience. 

There are days when you cannot find anything even though you walk a lot. However, it is important to be patient and keep walking.


As I wrote in the first article of this series, the significant thing is to just enjoy walking in the city. Then you can continue walking even if you cannot encounter great photo opportunities . According to my shooting experience, I can advice that you will be able to encounter good moments if you walk a lot. 


You must not lose the chance you got because the chance would be only one time. 

I recommend that you always check the camera's exposure settings according to the environment, and make sure to check carefully so that you will not be disappointed when you check your failed photo at your home.





まとめ

Conclusion


今回は、ストリートフォトグラフィーの撮影スタイルを紹介してきました。フィッシングが合う表現、ハンティングが合う表現があります。どういう写真が撮りたいかで使い分けると良いと思います。どちらにしても路上で撮影することには変わりありません。通行人の迷惑にならないよう配慮してください。ストリートフォトは他の制作物と決定的に違う点があります。絵画などはアトリエで一人で制作します。モデルがいる場合もありますが、同意の関係で制作者の前にいます。ストリートフォトは「常に撮る側と撮られる側のワンセット」で制作されるという点です。撮られる側は、ポートレート以外では偶然、時に意図的にフレーム内に入り込んだ知らない(一般の)人たちです。写真表現が撮影者と写る側のワンセットである限り、フレームに入り込む人たちへのリスペクトを忘れないでください。その上でどう表現するするか。それが新しい表現の扉を開くきっかけになると思います。


I shared two different styles for street photography. You can use both ways differently with applopliate situations and moments. it is depend on how you describe the moments what you have encountered. Both ways are for shooting street photography. Please be conscious that you must not make a nuisance to anyone, especially subjects while shooting. Street photography has a definite difference from other productions. Painters usually finish their painting by themselves in their ateliers. Sometimes there is a model, but artists usually get agreement.


The point is that street photos are produced as a "one set of photographer and subject". The people being photographed are strangers who happen to intentionally get into the frame by chance, except for portraits. As long as the photographic expression is a set of the photographer and the subject, don't forget to respect the people who are captured. How do you express it? I think it will open the door to new expressions.



60回の閲覧