• Yume Katsumi

自己紹介

Self Introduction 


こんにちは!みなさんお元気でしょうか?

さて、今回は遅ればせながら自己紹介がてら、24年の人生を振り返り、

私がどのように写真に興味を持つに至ったかについて書いてみたいと思います。

私ごとですが、ご興味のあるかたはお読みいただけると嬉しいです!

Hello to all of readers, How are you doing? 

I am Yume Katsumi, and it seems little bit late but I am going to write about my self introduction and how I have gotten interest of street photography. 

I hope you will be able to enjoy my article! 



小学生時代

When I was an Elementary Student


特にアーティスティックな子供という訳ではなかったですが、夏休みの宿題で撮った写真が入選したことがあります。

生まれつきの才能があると信じたいです。

また6才から10年ほどクラシックバレエをしていました。

写真撮影に現在も役立っている根気と健康な身体はバレエで養われたと思われます。


I was not like a very artistic girl, but my photo that I had taken in my summer break have been selected in a photo competition. 

I am still not sure why I was selected but I hope I am talented. 

I also have learned ballet since I was 6 to 16 years old. 

I feel I have gotten useful skills for street photography, such as being healthy and patient from ballet.


中高時代:真面目な女子高生がB GIRLに🎧

When I was a High School Student : I was a Serious Girl but Became a B girl! 



真面目でそこそこ成績優秀な生徒でした。

また一年間アメリカに留学したのも高校生の時です。

ホストシスターにイビられながら、英語力を養いました。

そして、なぜか帰国後にヒップホップにどハマりし、DJを目指すべくレコードを集め始めました。

ひたすら時間があればYouTubeで90年代のアングラのヒップホップの曲をきいて、レコ屋で欲しい盤とを見つけると購入していました。

アングラ精神と泥臭さの美学は、レコードのdigから学ぶことも多かったかも。


When I was a high school student, I was a serious, good girl, and my grades were always good. I also studied abroad in the United States for a year. I gained English skills from my host sister, and after that I was suddenly  into hip-hop dance and started to collect a lot of records to be a DJ. 


I spent so many times to listen to hip-hop musics with YouTube and purchased records from stores. From this period, I feel I could learn critical thinking skills unique sensibilities from this term.



大学時代:なぜか、チェコに留学🇨🇿

When I was a college student : Studied abroad in

Czech Republic



1年の時は引き続きヒップホップのレコードをDigると同時に、大学のラウンジでひたすら友達とつるんでいました。

私の大学は一年の留学が必須だったので、フランスに留学を希望しましたが落選しました。

そして、チェコに留学することになりました。

これが不幸中の幸いでした。

チェコがある東ヨーロッパは数多くある留学先の中でもっとも勉強がラクな地域の一つ。

一週間で授業があるのは3回、しかもその授業も行かなくても大丈夫な授業ばかりでした。

そこでヨーロッパの安価な旅費と余るほどある時間を生かし、ほぼ毎週旅行をしていました。

冬休み、私はチェコを離れ、ロンドンの友人の家に一ヶ月お世話になっていました。

マーケットをぶらぶらある日歩いていたときのこと。

あるものが私の目に飛び込んできました。

そうです。ビンテージのOLYMPUSのOM30です。

特に理由もなく、感覚的に惹かれました。

数日後に、購入し、写真を撮り始めました。

これが、私の写真を本格的に撮り始めたきっかけです。

それからは、授業に出かける時も、旅行に行く時も、いつもカメラを持ち歩き写真を撮っていました。

フラッシュは持ち合わせていなかったため、夜はインスタントカメラで撮影をしていました。

一部、留学中の写真をご覧ください。



When I was a freshman in the collage, I was still into hip-hop and finding / collecting cool records. Also I was always chatting with friends in the lounge of the collage. 

My college requires students to study abroad in some countries for a year, and I applied to go to France, but I was not selected. Therefore, I decided to  study abroad in Czech Republic. It was actually good for me because Czech Republic was the most easiest country to study where we students needed to choose. I had just three days that I needed to attend the classes per a week, and there were not required classes. 


Therefore, I have traveled to somewhere I had never been almost every week using my saving and free time. 

When I have gotten a winter break, I have lived in my friend's house who have been living in London for a month. I have usually spent time to go to flea market, and 

I have found a OLYMPUS OM30. I had no reason why I wanted it, but I felt it was very attractive for me and got it. Few days later, I started shooting with it. This was the trigger I seriously started to shoot street photography. After that, I always carried it around to anywhere even classes or travels, and tried to shoot anytime. 


At that time, I had no flash, so I shoot with instant camera in the night time. 

Below is photos what I have taken during studying abroad.





お金は親に借りて、好きなだけフィルムを消費して写真を撮っていました。

そして音楽の面では、留学中テクノを聴き始めたことも自分の撮る写真に影響していると思います。

歌詞とビートで構成されているヒップホップとは異なり、テクノはほぼ歌詞がなく、音のそれぞれの要素と全体的の雰囲気が曲のメッセージとなります。

なので、曲を聞くときは落ち着いて、自分に「本当に自分はこの曲をいい曲だと思うか」を問いかけなければいけないのです。

写真の良し悪しを決めるときも、画面を構成する一つ一つの要素よりも、視野を広げて全体的なメッセージを意識すること、そしてそのメッセージが自分のハートから出ているものか、この2点の視点は変わらないように思います。

I have borrowed money to buy films from my parent, and I continued shooting. 

I felt the experience of music impacted my photos. Unlike hip-hop, which is composed of lyrics and beats, techno has almost no lyrics, and each element of the sound and the overall mood make up the song's message.

So when I listen to techno songs, I have to be calm and ask myself like do I really think this song is a good song or bad. When I decide whether a photo is good or bad, 

I always try to think that there are clear photographer's soul and message in photos. 



帰国、一眼レフを購入。

After Went Back to Japan, Got My First DSLR Camera



少し話がそれてしまいましたが、1年間の留学が終了し、帰国しました。

もう留学中のように好き勝手にお金は使えないため、私は親からお金を前借りし、レストランでバイトを始め、デジタルカメラの購入を決めました。


そこで購入したのが現在の私のパートナー①、Nikon D5600です。

しかし、生まれ育った東京の地では自分が新しい発見をしたり、心動かされる場面が少なく、写真を撮れない日々が続きました。


ある日、コンビニで一人のストリートフォトグラファーにかけられたことから本格的に道で写真を撮り始めます。2017年の冬のことです。

「すみません、ストリートフォトグラファーですか?」

驚きました。そもそもその時までの私はストリートフォトグラファーという言葉にさえ馴染みがありませんでした。

ただその時から、ストリートフォトグラファーの友達が増え、

コンビニで酒を買い、道でのみ、撮り、、、を繰り返していました。

アルコールの助けもあってか、ただただ何も考えず撮り続けていました。

しかし、たくさんの写真を撮り、編集する中で少しづつ自分の思う「良い写真」を撮るためのマインドセットやアプローチ方法について学んでいったように思います。


I went back to Japan after one year studying abroad in Czech Republic. I could not use my savings freely like when I was in Czech Republic any more, so I borrowed from y parent again, then started to work in a restaurant to buy dslr. 

My first digital camera was Nikon D5600, but I could not creatively shoot in my birth place, Tokyo because I could not feel anything interesting there. 


One day, a street photographer talked to me, " Are you a street photographer? "  and I was really surprised about that. I never know about street photography at that time  and I think I started seriously to shoot street photography because of that experience. 


After that, I made many street photographer friends and continued a routine like I got some drinks at a convenience store, had them with friends and shooted. I continued taking  photos without thinking, but I gradually learned my own mindset and approach of how to take " good photo" for me  through shooting street photography as many as I could.



FRAMEにジョイン🎉

Joined in Frame Tokyo Collective


FRAME立ち上げのタイミングでお声がけいただき、参加をしたのは2018年の夏のことです。

自分では想像もつかない驚きの出来事でしたが、もちろん快諾しました。


自分の中でも最も心に残っているイベントは、去年の夏に行われた写真展です。

イベントの企画に携わるのは初めてだったのですが、アイデア出しの際のエネルギー感、

そして何よりオープニングパーティーで皆さんが盛り上がり、

楽しんでいる様子は今でも鮮明に覚えていて、大切な私の宝物になっています。


また2階の展示でしていた、プロジェクションと音楽の組み合わせたパフォーマンスからはSlicerという動きが新しく発足しました!

月一回渋谷の頭バーというバー/クラブのAnother Other Spaceというイベントで活動をしていました。

音楽と写真という自分の中で別々だったものを一つの活動として表現することに、これからも大きな可能性を感じています。


I was invited to join Frame Tokyo Collective, which is street photography collective based in Japan and of course joined in 2018. 

It was unexpected happen and I was really glad to join in it. 

An event what was memorable for me was  a photo exhibition opened in summer, 2019. 

It was a first time I got involved in street photography event, and the experience of the exhibition, such as feeling of coming up with creative ideas, audiences excitements in the opening ceremony and atmosphere was unforgettable memory for me.    


Also Slicer, which is a new performance composed with projection mapping and music was created for this event!  

we were active once a month at an event called Another Other Space at a bar/club called Shibuya Head Bar.

I strongly feel that there is great potential and possibility for expressing or corabolating music and photography, which were totally separate things for me, as one activity.



そして、現在。そして、これから。

And Now and the Future



もともと4人だったメンバーは現在では7人に増え、webサイトなど本格的に多岐に活動が広がっています。


「Streetphotographyはattitude」と聞いたことがありますが、

ストリート写真はその時の自分のあり方を自分の「外」にある「ストリート」と結びつけ、

写真を撮ることで存在を認める、

つまり、自分に対して「自分を受け入れる」という贈り物を与える行動だと思っています。


そしてstreetphotographyのシーンは、それぞれのストリートに対する主体的な行動を認め合い、繋がり、自分に取り入れることを可能にしてくれます。

自分が創造した価値を与え、交換し、人と繋がれるというストリート写真のシーンが、より多様でエネルギーに満ちたものになるのが今から待ちきれません。



Members of Frame Tokyo Collective was just 4 few years ago, but now 3 more photographers joined andtotall 7 photographers are running this collectieve to motivate street photography culture. Website is also developed nicely and many projects and events were created. 

I have heard that street photography is attitude, and I interpret street photography is kind of function as a connector between myself and outside, such as city, people, culture and any other elements in the world.


Also taking photos means to recognize the presence of them and myself, in other words I could say that I can recognize by myself through street photography. 

And the street photography scenes allow us to recognize, connect and incorporate our own actions towards each categories of street photography.

I can't wait to share and connect my value and sensibilities to others, and street photography will become more diverse and full of energy.




99回の閲覧