衝撃的な光景

最終更新: 5月29日

Shocking situation I enconuntered


3月25日。今日、衝撃的なシーンにであった。

It was the 25th of March that I encountered a shocking situation.





電車にいつものように乗って、座席に座っていた。向かいに女性が座っていた。世の中はコロナウイルス恐怖にふりまわされている。車内にはマスクをした人もいれば、していない人もいる。電車が止まり、人が乗り込んできた。あるマスクをした中年婦人が、向かいの女性の隣に座った。向かいの女性はマスクをしていなかった。それに気づいた中年婦人は、電車に乗っている間、マスクをしていない女性に対し、「あなたが保菌者だったらどうするの!」「菌をばら撒いているかもしれないじゃない!」などと延々と非難し続けていた。その間非難されている女性は困惑の表情で聞いていた。わからない恐怖心が中年婦人に非難するという行動をとらせたんだと思う。理解できるけど、人を攻撃するのはどうかと思う。マスクをしてるなら、してない人を非難するのではなく予備のマスクをそっと手渡す方が自分の安心のためにも、そのマスクをしていなかった人のためにもよかったのではないだろうかと思った。優しさをかける事の難しさと攻撃することの簡単さ。困難な状況になる程、そのことを痛感させられる。非難するのではなく、マスクを渡せる人でありたいと思った。


There was a woman sitting down across my seat, and she was not wearing a mask.

Right now the whole population is terrified by the fear of COVID-19-  while some people are wearing masks, others not. The train stopped, and people came in. A middle-aged woman sat down next to a woman across me. The middle-aged woman realized that the woman next to her was not wearing a mask and started yelling at her- “what if you were a carrier!” “You are literally spreading the virus”- and she kept yelling for the whole time. The woman across me was confused, but listening. I suppose the fear for something which cannot fully be understood has made her act in that way- it is understandable, but I feel it is not cool to assault someone.

If she had the mask, then probably it would have been better for the others and herself, to give the mask to the person rather than telling.The more difficult the situation gets, the more I feel the ease of being aggressive rather than being thoughtful. I thought I want to be the one who can give away a mask rather than being aggressive.



45回の閲覧