• Kudo Kohei

撮りたいけれど撮れないこんな世の中じゃ

Want to take photos...but not for now


こんにちは。クドーコーヘイです。

海外スナップ後編とか撮影テクニックなんかをまとめてみようと思ったのですが、今の世の中を見てちょっとそんな気分になれませんでした・・・

他のフォトグラファーの皆さんも今週末は外出自粛となり、家でうずうずしてるものかと思います。

自粛なんだしええじゃん!店が閉まって誰もいない渋谷を撮りに行こうぜ!なんていうノリは辞めておきましょう。

写真家として移り行く街の光景を記録するのは非常に大切なことです。しかし、規律や道徳を破ってまで撮った写真に価値はないと思います。風景写真などでも立ち入り禁止区域で撮った絶景ってどうなの?って思います。本当に腕があればどこだって絶景とれますもんね。


そこで今回は撮影とは違う話をしてみようと必死に考えました。しかし、不幸なことに僕は映画を見たり、本を読んだりと全く達者ではありません。色々考えて今さら自己紹介的な昔話をしましょう。興味ないかもしれませんがよろしくお願いします!


Hello! This is Kudo-Kohei.


I think many street photographers are now feeling frustrated about not being able to take photos outside because of the spread of COVID-19 - however at this time, it is the best to stay at home.

I understand it is one of the enchantments of street photography to capture the ever-changing scenery of the street, however I am rather skeptical about the value of photos taken without any considerations to the public order or ethical viewpoint. “Good photographers”, in my definition, can take good photos in whatever situation they are in.

So this time, I couldn’t think of any useful tips about street photography, so I’d like to share my background as a street photographer.



1.ストリートはじめました

First time on the street


僕がストリートフォトを始めたのは2019年1月です。ほんと何も知識がないまま、コンデジ片手に街に繰り出しました。興味あるものはとりあえずやってみる精神です。

ほんとにストリートスナップが楽しくて夢中で色んなものを撮っていました。

VoidTokyoさんの写真に憧れて始めたので、もっぱら渋谷で人と街を撮っていました。

その頃の写真です↓。3月の渋谷ストリームです。作風は今も変わらずですね。

ちなみに僕は普通のサラリーマンなので休日はフルで撮影して、現像やプリントは仕事が終わった後の時間で行います。そんな活動を8か月ほど続けまして、ちょっと環境に変化が生じます。


I started taking photos in January 2019, impressed by the work of Void-Tokyo. With a compact digital camera, I was taking photos of people and the city of Shibuya like the one below of the Shibuya Stream building. The style actually remains the same now! Since I work full time, the time I’d been sparing time for photography was either after work or weekends. After 8 month, things gradually started to change.




2.ちょっと仲間が増えました

Making friends


突然の出来事です。インスタのDMに飲み会の誘いが。

東京でストリートフォトを撮っている方々の親睦会みたいなものらしいです。

そんなものが存在したのか!そしてメンバーがすごい・・・インスタで普段見ている凄腕のフォトグラファーの人ばかり。本当に自分なんかが参加していいのだろうかと思いつつ、とりあえず行ってみる精神です。結果は楽しいに決まってました。そりゃ、写真好き&酒好きの人たちですもん。ここら辺からずっと一人で活動してきた環境に変化が出てきました。

誘っていただいた主催の方には今でも感謝しております。


I got a DM on Instagram one day asking me to join a drinking party of street photographers- and I got surprised when I checked the members, because so many names were similar from Instagram. I could not honestly understand the reason why I got invited but joined the party anyway- and the outcome was of course Amazing! It all makes sense because we all share the same interest- “photography and drinking”! This really was the milestone for being a part of the street photography community- much appreciation to the organizer who DMed me!



3.FRAMETOKYOとの出会い

Encounter with FRAME TOKYO


8月にFRAMETOKYOのExhibition「TOKYO UNKNOWN」が開催されておりました。ストリート系の展示に行ったことが無かったので、これは行くしかない!と思い代々木上原へ。

普段はスマフォの小さな画面でしか皆さんの写真を見る機会がありませんでした。正直小さいと誤魔化しが効くというか、大したこと無い写真もスッと頭に入ってきてしまいます。それがA3くらいの大きさになると見え方がかなり変わってくるんですよね。本当にいい写真は大きくなればなるほど迫力がある!かっこいい!です。あと会場の「TERRANOVA」がおしゃれでした。

そこでメンバーのTAKESHIさんとYUMEさんに初めて会いました。TAKESHIさんは何やら東京のストリート界隈で大きな革命を起こしたいと熱く夢を語ってくれました。

僕はこの時「このグループに入って一緒に東京のストリート会を盛り上げていきたい!」と思ったんですよね。

展示に行くとそんな出会いもあったり、色んな裏話などを聞けるのでいい刺激になるんですよね。


It was in August last year that the first FRAME TOKYO exhibition was held- I had never been to a street photography exhibition so there were no ways I could not miss. There, I was very impressed by the power of the physical printing-  while looking at the photos, I realized myself observing the photos in different ways as I usually do on the screen of the smartphone. When good photos are printed in large size, the photos appear more powerful. 

Also, it was my first time seeing Takeshi and Yume from FRAME TOKYO. I especially remember Takeshi talking about his passion to “make a revolution” in the street photography community in Tokyo, and I remember myself dreaming of being a port of it one day.



4.VoidTokyoのExhibitionに誘われたり

Getting invited to the Void Tokyo Exhibition


これも唐突なDMでした。VoidTokyoの藤谷さんからのDMでした。

未だに自分に声がかかったことが信じられません。レセプションパーティーは大盛況で警察が見回りに来るほどでした。酔っぱらってハチャメチャになってる中、警察や皆のお世話をしていたkawaraさんの姿が今でも印象的ですww


It also started from another very unexpected DM from Fujitani-san from Void Tokyo. The place got so packed full of drunk people and noisy that even police came to calm us down! I still cannot forget Kawara-san taking care of us and the police..lol



5.なんか加入しました

...and I got to join FRAME TOKYO


2019年も残り2か月となりました。陽も短くなり写真を撮る時間が次第に短くなってきました。ストリートフォトを始めた頃とは僕の心境も少し変わってきました。

あの頃はただただ撮影を楽しんでいました。作品の出来は2の次でした。最近は良いのが撮りたい!撮るにはどうすればいいかを考えます。違うカメラを試したり写真集を見たり写真展に行ったりと。自分は成長しているのだろうか?始めたころより下手になっているのではないか?雑念ばかり頭に入ってきて撮影に集中できない日が続きます。


そしてまたもや突然のDMです。FRAMETOKYO開催の飲み会へのお誘いでした。

ただの飲み会ではなく、ストリートフォトに関して提示されたお題を各々の考えで述べていくという超真面目な企画でした。誰が来るのかも分からないけど行くしかない!チャンスだと!はい、楽しかったですよ。ただ企画は酒の力でぐだぐだになったいたと個人的に思っております・・・その帰りにさり気なく加入を誘われたんですよね。感謝!


そんな激動の2019年を過ごしました。

今年に入ってからはホームページ開設し投稿する文書を書いてみたり、英語が喋れないと厳しいということが分かり勉強してみたり、と昨年以上にやる事が増えました。しかし写真を撮る時間を割く訳にはいきません。今だってもっと良い写真を撮らなくてはとうずうずそわそわしています。


It was the end of 2019, I was starting to get anxious about not being able to concentrate on taking photos. When I first started taking photos I was just enjoying taking photos and taking “good” photos was the second thing, but after a while I started to seek for “how” to take photos, and started to get worried about if I am becoming better.

And I got another DM totally unexpected- to join the FRAME TOKYO drinking. It said that during there we will need to share our own ideas and thoughts about several themes. How serious, I thought, but I decided to join not knowing who will be there- and of course it was hell of fun!! Although the original plan to share the thinking and ideas of the photography did not really work thanks to the power of alcohol - and on the way back I was asked to join FRAME TOKYO.

So the year 2019, for me, was a lot.

Now, I am more busy than before writing articles for FRAME website, and also learning English to communicate with other photographers. I always need time to actually be on the street to take photos too, and even now I have a strong desire to do so.



6.言いたいのはここだけ

One thing I’d like to say


そんな中、先日飲みの席で友人に言われた一言がすごく胸に刺さりました。「いい写真が撮れないと悩んでいるようだけど、半年後にその悩みは克服出来ていると思うよ。」と。

なんでそう言えるんだと聞き返しました。

「撮れないと悩んでいるが諦めている訳じゃない、お前は常に努力して一歩ずつ前にすすでいるじゃないか。」だってさ。酒を飲んでいたにせよ、思い返すととてもクサい台詞です。

でもすごい感動しました。ストリートスナップですもの、撮れる、撮れないなんてその日の環境に大きく左右されます。肝心なのは撮り続ける事、常に自分をアップデートし続ける事です。そうすればチャンスは必ずやってくるんだなと。


この世界の状況がいつまで続くかは未だわかりません。ただ焦って今写真を撮らなくてもいいのは間違いないです。撮れないのは私だけではんく皆一緒です。焦らず今は自分に出来る事をやりましょう。そんなことを考えつつ今週末を過ごしたいと思います。


1年でうまくなったかなぁ・・・?


There is one thing which my friend said to me and stuck to my mind- “You are worried that you cannot take good photos, but in a half year I am sure you will be able to overcome that with ease”- and when I asked why, this was his answer - “You say you are not taking good photos but never giving up. You always make an effort and make steps forward!”- I was quite moved by these words- when it comes to street photography, I think “good day” and the “bad day” really depends on the environment. And that being said-  what’s most important is to keep going, and keep updating yourself- and the chances will always come.

None of us are sure about how long this situation will last-  but it is the same situation to everyone that we cannot be outside on the street to take photos. Let’s calm down and do things we can do now- this is my thinking over this weekend.

...And I hope I made some progress on street photography over a year!




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Coincidence

RPGの旅