top of page

実験的考察

Experiential Consideration 



ストリートフォトには様々な側面があると考えています。アート的な側面、ドキュメンタリー的な側面、パーソナルな記録的側面、時代や社会を記録する側面など。先週末はそんな様々な側面を持つストリートフォトの実験的考察を兼ねて、カメラを持って公園へ行ってみました。


Hello readers, I am takeshi Ishikawa. Today I am going to write about my new experiment for street photography. I think that street photography has many different aspects, such as  Art, documentary and personal records aspects that record the times and society, etc. 


Last weekend, I went to the park with my camera to experiment a study of street photography with various aspects.




PARK LIFE


今回は1箇所の場所のみで撮影することに決め、公園を選びました。緊急事態宣言明けですが、天気が良く人が思い思いにそれぞれの時間を楽しんでいました。公園に着くまでの間にPARK LIFEという言葉が浮かび、それをテーマに1箇所の公園のみで撮影を開始しました。


This time, I decided to shoot in only one place and chose a park. When I arrived there after the emergency declaration, the weather was good and people in the park looked that they were really enjoying their time as they pleased. The word PARK LIFE came up in my mind while walking toward the park, and I decided to shoot in only one park with a theme of Park Life .



実験的考察とは?

What is Experiential Consideration ?


今回の撮影目的は、実験的考察です。自分は普段、モノクロームで光と影を使って都市という巨大な人工物に囲まれて生きる人をテーマに撮っています。とても具体的でありながら抽象的な写真です。ある日、写真集を眺めながらふと思ったのです。ストリートフォトには、時代的・社会的・文化的な背景を提示する側面があるのだから、そこにフォーカスした写真を撮ってみようと。人にフォーカスするのではなく、ある場所にいる人たちの行動を客観的に撮影して並べてみたら、どうなるのか?それが今回の実験的考察の内容です。



The purpose of this practice is to try experimental consideration. 

I usually shoot monochrome street photography that is composed by light and shadow to shoot people who live surrounded by huge artifacts called cities. It is a very specific but abstract photo as well. One day, I suddenly thought that while looking at the photo book, street photography has so many different  aspects that represent a historical, social, and cultural background. Therefore, I thought I wanted to take a photo that focuses on them.


What happens if I objectively observe the behavior of people in a certain place, rather than focusing on only people? That is the concept of this experimental study.



撮影条件

Shooting Conditions


  • 撮影場所は1つの公園

  • 一歩引いて眺めるように撮る

  • アングル固定

  • 気になった人の行動やシチュエーションを撮る


  • Shoot in only one place 

  • Shoot objectively

  • Fixed Angle 

  • Shoot what I found interesting behaviors or situations



撮影結果

Result of Shooting























考察

Consideration


撮影結果を見て感じたのは、かなりシュールで、箱庭を想起させられました。淡々と撮影した事で、写真に感情が全く乗っていないのにも関わらず、写真の中の人たちからは思い思いに公園で楽しんでいる様子が伝わります。そのギャップがシュールな雰囲気を醸し出しているのかもしれません。そしてすごく客観的な視線が何か別の世界を覗くような、箱庭を覗く感覚があります。一つの小さな別世界を眺めている感覚は、無感情で客観的な眼差しと、全て同じ場所で撮影したことによる背景の統一感がそう感じさせるのかもしれません。