• Yume Katsumi

写真が撮れない日に考えること

最終更新: 6月1日

Things what I usually Think when I can not

take good photos well


いくら良い写真を撮ろうとしても、撮れない日があります。

街に出て、シャッターをきり続けるものの、何か違う。

でも、その「何か」は分からないのです。


なんとか良い写真を撮ろうと、以前に自分が良い写真を撮った時のことを思い出してみます。深呼吸をして、人の表情や仕草に注目してみます。しかしながら、面白いほど、何も感じられないし、湧いてこないのです。撮る写真にも、どこか中身が感じられません。

今の自分との自分は違う人間なのに、なぜ似たスタイルにとらわるのでしょうか。

なんとも言えない、ぎこちない感覚だけが残ります。


はたまた、そこから飛び出そうと思い撮る写真の構図は、あのFRAMEメンバーのそれと似ています。私は彼ではないのに、同じようにその瞬間を感じられないのに、なぜ同じような写真を取ろうとするのでしょうか。これもまたなんともぎこちないのです。


陽気に週末を楽しむカップルや家族連れのかたわら、私の中の胸騒ぎは大きくなるばかり。


「撮れない」


でも、写真を撮らなかったら、私はただただ歩いている人になってしまいます。

ああ、感動と閃きを世界に感じられた私はどこに行ったのでしょう。

通りすがりの人、一人一人の仕草が愛おしく思えたあの日は。


銀座のショーウィンドウはまばゆく、エスカレーターでたなびく女性の髪は艶めかしく見えたのに。タピオカを飲む女子高生に10年前の自分を重ね合わせ、はたまたすれ違う美形の観光客に一瞬だけ恋もできたのに。そんなテーマパークのように思えたストリートが、今では感情にかけた動く映像でしかないのです。いくら可愛らしいトイプードルにも、無邪気に走り回る子供にも、私の心は動きません。

「撮れない」


でも、写真を撮らなかったら、自分はただただ歩いている人になってしまいます。

そうだ、コンビニに行こう。コンビニにはお酒があります。

缶チューハイの一本でも飲み干した時には気分も高揚し、明るくストリートを闊歩できるかもしれません。

しかし、せわしなくSuicaで決済を済ませ、喉に流し込む缶チューハイは、お酒の味がしません。


あたりは暗くなり、雨が降ってきました。

道行く人は、傘をさし始めました。

私は傘を持っていないので、そのまま道を歩きます。


すると段々、雨に濡れながら写真を撮る自分がどこか滑稽に思えてきました。

水たまりには、カメラを構える自分の姿が写っています。

不意にシャッターを切ると、今日の一枚、良い写真が撮れました。



Even if I try to take good photos, there are days when I can't take good photos well.

I cannot figure out why I cannot do that even if I continue releasing shutters many times in the city. I cannot feel be attractive and moved by objects in my viewfinder and come up with anything interesting.  Even if I took some photos, I feel emptiness on them, and when I look at them carefully, I could notice a composition of photos are very similar with photos that members of Frame Tokyo Collective have taken before.


I understand I am not them and I do not have same sensibilities with them, why I tend to pursue shooting similar photos or photo styles of them? it is very frustrating for me. 

There are a lot of couples and families who look having a good weekend in the city, but my frustration is getting worse. 


I cannot take any good photos. But I will be a person who is just walk around with nothing if I do not shooting. I want to ask myself how I can overcome this slump.

I want to ask myself where is my sensibility that I could feel every walker looks charming. 

I could remember my youth when I see college students who were drinking bubble teas and I could be into a cool visitors.


Right now, I cannot feel that street is a wonderful place like a theme park and I feel the street is just street. Even when I see adorable poodle and babies, I cannot be touched with them.  


I cannot take any good photos. But I will be a person who is just walk around with nothing if I do not shooting. Therefore, I decided to go to a convenience store to get some drinks.

I guessed what if I got some drinks, I could feel happier than before, but sadly the drink did not taste good because of my frustration of photography. 


it is getting dark and started to rain. 

Everyone on the street started to open their umbrellas. 

I do not have my umbrella, so I just continue walking. 

Then I gradually feel that I am so sad if I continue shooting in my current condition. 

I see myself in the puddles. 

When I released the shutter abruptly, I got a good picture.



23回の閲覧