top of page

スランプだと思った時にすること

更新日:2020年11月9日

Things that I Recommend You to Do when You are in Slump



みなさんこんにちは、FRAME TOKYOのKYOSUKE です。あっという間に夏が終わり、季節は秋になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕は最近、なんだかんだとやらなくてはいけない事が重なり、以前に比べ写真を撮る時間がない今日この頃ですが、写真を撮る頻度が減るということは写真について考える頻度も少なくなるということ。そうするとやはり、撮る写真も以前と変わってきてしまいます。


この記事を読まれている方の中には、以前の様に良い(自分らしい)写真が取れなくなってしまった、スランプに陥ってしまった!! という方もいらっしゃると思います。

でも本当に写真にスランプなんてあるのでしょうか? 僕はこの場合、スランプと言うのではなく、”自分の写真の変化時期” と呼んでいます。確かに写真について考える事が少なくなった分、自分の目的表現欲求(目的表現欲求についてはFRAME TOKYO TAKESHIさんの記事、”ストリートフォトの始め方#5を是非ご覧ください!)が何なのか分からなくなると思いますが、分からなくなったことを良い意味で言い換えれば、自分の固まった考えをほぐし新たな目的表現欲求(自分の写真のテーマ、コンセプト)を作る、或いは元々の目的表現欲求を見直す事ができると言えます。


今回の記事ではそんな忙しくて中々写真を撮る事ができない、写真について考える事ができないという方へ特に、オススメすることを書いていこうと思います。



目次 - 自分の目的表現欲求がわからなくなった時にする事 -


・自分の写真を見返す

・何に興味があったか、今は何に興味が変わったかを再確認する

・とにかく撮り続ける

・まとめ


Hello everyone, I am KYOSUKE. I cannot believe that it is already September, and how are you guys doing? I hope you are doing well.