ストリートフォトの始め方#5

How to Start Street Photography Part 5



どうも、FRAME TOKYOのTAKESHIです。

いよいよ「ストリートフォトの始め方」も最終回です。最終回のテーマは「表現」です。これはとても大切なことなので、ちょっと長くなりますが読んで参考にしていただけたら嬉しいです。では、はじめましょう。




皆さんに質問です。


あなたは、何のためにストリートで写真を撮っているのですか?


「趣味です。」「楽しみです。」という答えであれば、それも一つの答えなので良いと思います。「表現したい!」「作品を作りたい!」という答えの人は、この記事が参考になるかもしれません。このとてもシンプルな質問はとても重要で、ことある度に自分自身に問いかける質問でもあります。目的は全ての行動の原点です。だからこの質問に対する答えが、その後の取るべき行動の分かれ道になります。前者の人は、とにかく楽しむことが大切です。難しいことは考えずに、街撮りを楽しみましょう!後者の人は、前者の方と同じように「楽しみ」から始まって、次第に「もっとこうしたい」「もっとこういう感じに撮りたい」と頭の中にイメージや表現への欲求が高まっている人たちかと思います。「こういうことを表す写真を撮りたい」という目的を実現するための、「それを表現する」という方法を求めているのだと思います。僕はこれを「目的表現欲求」と勝手に呼んでいます。「目的表現欲求」は多種多様です。自分の「目的表現欲求」が何なのか見極めることが重要です。それは撮影方法に影響するからです。ここからは、「目的表現欲求」を持つ人を前提として書き進めます。



Hello everyone, I am TAKESHI. This is going to be the last article about how to start street photography series. The last article's main theme is, " expression."  This is really important thing for street photography, and I am going to write longer than other articles. I hope it will help you to take street photography. Now, let's start! 


First of all, I would like to ask very simple question.


For what reason do you take street photography? 


Some of you might say it is because my part of hobbies or just for fun. I think it is totally good if you have those reason. Differently for those reason, some of you might say it is because you want to express your sense or feeling or create own work. I think this article especially will help readers who have those reasons. The question what I asked you is very simple, however supper important. Therefore, you need to ask this question almost every time when you feel you get lost your purpose of taking street photography. 


Your goal or purpose will be your motivation, so the answer of that question is going to be the keypoint for you. If your reason is hobby or having fun, it is going to be important to just have fun. You do not need to think about difficult things like technical or academic things. Just have fun to walk around the city and shoot street photography ! If your reason is to express and make your work, I think you are people who enjoy street photography but have a high level of ambition like you want to shoot  as similar as famous photographer or develop more and more your sense and photo skills.


 I think those of you are looking for the knowledge or specific technique of how you can visualize your idea and sense of ideal street photography.  I am personally calling, "Desires for expressing purpose." This desire will be various things and totally depend on photographers. The significant thing is to clarify your desires for expressing purpose because if you do that, you will be able to continue shooting street photography with clear purpose . 


Now I am mainly going to write about desire of expression for purpose for people who have that desire.



あなたの、目的表現欲求は何ですか?

What is Your Desires for expressing purpose?



最初の質問で自分に「目的表現欲求」があると自覚した人は、この質問を自分に問いかけてみてください。自分が今まで撮ってきた写真を振り返ってみたり、自分の関心事や興味、撮影中に目につく物事や自分の求めるイメージなどから見えてくるかもしれません。それによって撮影方法が変わりますので、よく考えましょう。「目的表現欲求」は1つとは限りません。僕は3つあります。『東京という巨大都市を表現する事で東京で生きる自分たちを客観的に印象深く提示したい』というのが1つ、『平凡に感じる日常に起こる驚きを撮影して、平凡のような毎日には少しの驚きが混じっているという面白さを伝えたい』というのが2つ目、『ごった返す人混みには、その数だけの人生というストーリーが交差しているということを物語的に伝えたい』というのが3つ目です。その3つの「目的表現欲求」ごとに撮影方法を変えて撮影しています。僕の例で説明していきます。「目的表現欲求」によってどう撮影方法を変えているのかを参考にしていただけたらと思います。


If you notice that you have a desires for expressing purpose, it is good to ask yourself the question, " What is my desires for expressing purpose?" You will find new things when  your look back your recent / old photos you have taken, know more about what is your favorite things and hobbies and imagine your ideal expression or image. 


Now I would like you to think that the desires for expressing purpose may not just one thing in your mind. I have three desires of expression for purpose. (below)


1 : By expressing the huge city of Tokyo, I want to share how people are  living in Tokyo objectively and impressively

2 : I want to shoot the surprises that occur in everyday life and convey how finding hidden surprises in everyday life is fun 

3 :  I want to tell impressively how there are so many different life which is called stories in chaotic crowd in Tokyo.  


I am always use different ways for these three different desires. Let me explain with my example. I would like you to refer to how you are changing the shooting method depending on the "Desires for expressing purpose".




プログラムモードは使わない

Do not Use Program Mode



大前提としてマニュアルモードしか使いません。理由は臨機応変に使え、露出を自分で制御できるのがマニュアルモードだからです。臨機応変に使えるとはどういうことか?僕は、先の3つの「目的表現欲求」を日によって撮り分けていません。1日の中で出会ったそれぞれのシーンで撮り分けています。


例えば


A.

ビルの谷間で光と影が浮かび上がらせる印象的なシーンに出会ったら、「目的表現欲求1」として、絞りを優先にしてシャッタースピードでハイライト優先の露出に調整して撮影します。


Only use manual mode. The reason is that you can use it flexibly and the manual mode allows you to control the exposure yourself. What does it mean to be able to use it flexibly? I do not usually take photos with the above three "desires for  expressing purpose" depending on the day. I shoot differently in each scene I met during the day.

For instance,

A.  If you come across an impressive scene where light and shadow emerge in the gap between buildings,

As “ Desires for expressing purpose 1”, change, " prioritize aperture mode"  and prioritize to create highlight by controlling exposure and shutter speed.



B.

「えっ?」って思うようなシーンに出会ったときは、「目的表現欲求2」として、パンフォーカス(Deep focus)の適正露出で撮影します。


B. When you come across a surprising sense, as “ Desires for expressing purpose 2”, use deep focus and shoot with proper exposure.




C.

「いいことあったのかな?」「何かあったのかな?」など気になったストーリーを感じさせる人の表情やシーンと出会ったときは、「目的表現欲求3」として、背景をややぼかしてシャッタースピードを調整した適正露出で撮影します。


C. When you come across a scene that makes you feel drama and see interesting / memorable facial expression, as “ Desires for expressing purpose 3”, blur background and shoot with proper exposure that is adjusted by shutter speed.





このように様々なシーンで対応できるのがマニュアルモードなのです。

最初に絞ってパンフォーカス(Deep focus)かつ十分なシャッタースピードを確保した設定にしておけば、「Aの場合はシャッタースピードだけ調整して撮影。」「Bの場合はそのまま撮影。」「Cの場合は、絞りとシャッタースピードを調整するか、そのままで撮影。」と言ったように最初の設定から微調整調整するだけで全てに対応できるのです。

プログラムモードの場合だと、モードをいちいち切り変えたり、自分にとっての適性露出ではなく、メーカーが決めたモードの露出になって自分の求めるイメージになかなかなりません。誰がとっても綺麗に撮れるプログラムモードは、誰がとっても同じ写真になるということです。作品として表現するのであれば、マニュアルモードを使いましょう。


In this way, the manual mode can be used in various situations.

If you set the focus and the focus is deep focus and the shutter speed is sufficient, you can adjust the shutter speed in case of A and shoot. In case of B, shoot as it is. 

As in the case of "C, adjust the aperture and shutter speed, or shoot as it is." You can handle all by just making fine adjustments from the first setting.


In the case of the program mode, you can change the mode one by one, or you can't get the proper exposure for yourself, but the exposure of the mode decided by the manufacturer, which is not quite what you want. The program mode that allows you to take beautiful pictures is that everyone gets the same picture. If you want to express it as your own work, I recommend to use manual mode.



「目的表現欲求」を満たすのはマニュアル露出

Manual exposure Mode Visualizes Your Desires for Expressing Purpose



露出は、単に適正露出に合わせることが全てではありません。写真をより印象的にしたり、ストーリー性や雰囲気を演出したり、見る人の目線を見て欲しいところに誘導するために意図的に調整するためのものです。撮影時点である程度イメージ通りに撮れていれば、現像がラクになります。露出は絞りとシャッタースピードの組み合わせで決まりますが、どっちを基準に合わせるかで、様々な演出効果を得られます。


Exposure is not all about adjusting to the proper exposure. It is for intentionally adjusting the photos to make them more impressive, to create a story and atmosphere, and to guide the viewer's eyes to the desired place. If you were able to take the image to some extent at the time of shooting, development will be easy. The exposure is determined by the combination of aperture and shutter speed, but depending on which one is used as the reference and you will gain various effects.



例えばこちらの写真は、シャッタースピードを遅くしてそれを基準に絞りで露出を決めた写真です。友達を待つ時に長く感じるスローな時間を、目まぐるしく動く周りのスピード感との対比で表現しました。そうすることで被写体に人を待っている時の気分を付加でき、よりストーリー性ある写真に仕上げています。


For instance,  this photo shows a slower shutter speed and the aperture used as a reference to determine the exposure. I expressed the slow time that I feel long while waiting for a friend in contrast to the speed of the surroundings that move rapidly. 

By doing so, you can add a feeling of being awaiting people to the subject, and make the photo more story-like.




こちらの写真は、エスカレータで降りる人を止められるギリギリのシャッタースピードで、できる限り絞って撮影した1枚です。人もしっかり止まっていて、帽子のディテールも生かせています。上の広いネガティブスペースが写真を見る人の目線を下に下げるので、人影にディテールを持たせることで、小さいながらも人影に存在感を持たせています。


どちらも写真演出を自分の目的に合わせてバランスを取れるマニュアルだからこそ撮れる写真です。マニュアルを覚えるとこのように表現の幅が広がり、写真を撮ることがもっと楽しくなるので、マニュアルをマスターしましょう。


This photo is taken with the shutter speed at the limit that can capture  people getting off the escalator, and the aperture was stopped down as much as possible. People are also firmly stopped, and the details of the hat are emphasized. The wide negative space above lowers the eyes of viewers, so by adding detail to the figure, the figure has a small presence.



まとめ

Conclusion



「楽しさ」から「表現」へ目的が変わったら、以下のステップへ。


1.「目的表現欲求」を明確にする。

2.マニュアルモードを理解する。

(カメラが決めて撮るのではなく、自分が決めて撮るという意識を持つ)

3.マニュアル露出は演出である。だからこそ自分の表現として露出を工夫する。


撮り方は人それぞれです。これが正解というものはありません。だから撮影時の工夫が個性を産むのではないでしょうか?写真が持つその人らしさ。それを写真に入れ込むのがマニュアル撮影なんだと思います。被写体の選び方や、構図もその一部ですが。せっかく自分の中に沸き起こった「目的表現欲求」をマニュアル撮影で爆発させてください!そして撮れた写真はインスタのタグ#frametokyocollectiveをつけてシェアしてください!みんなの素敵な写真を待っています。

それでは。


If your purpose of taking street photographer changed "having fun" to  " expression," I recommend to think about a process in below. 


1. Clarify your desires for expressing purpose

2. Understand and obtain knowledge of manual mode ( Be aware that the camera does not decide and shoot, but decides and shoots by your feeling and sense.) 


3.Manual exposure is a production. That is why I devise exposure as my own expression.


Each person has different shooting methods. There is no right answer. Therefore, I believe the device for shooting produce a uniqueness of photographer on the photo. Manual mode helps you to visualize your special character and sensibilities.   

Selecting subjects and considering composition is also important, but let's express your desires for expressing purpose and sense with manual mode. And We always look forward your  interesting work. So I hope you will post your work by using tag, #frametokyocollective


Thank you so much for you reading and I hope see you soon. 


Takeshi


101回の閲覧