オススメ写真集

最終更新: 5月29日

Photobook Recomendations


コロナウィルスの影響で思うように写真を取りに行けず、皆さんウズウズされていることと思います。

そんな時は、集中的にインプットに時間を使ってみるのはいかがでしょうか。

私も、家にある写真集を集中的に読み返し、今まで気付かなかった新たな発見があったりしています。

というわけで今回は、個人的にオススメの写真集をご紹介したいと思います。


I assume everyone is frustrated from not being able to go out and shoot- 

If so, how about using your time on learning?

I have been discovering something new as I look back at the photobooks I have at home.

So in this article, I’d like to recommend to you my favourite ones!



1.The Suffering of Light / Alex Webb


MagnumphotosのメンバーであるAlex Webbの1979年から2010年までの約30年の活動の集大成となる写真集。

ハイチでの長期独裁政権後の選挙時の様子や、アメリカとメキシコの国境付近での出来事など、ドキュメンタリー写真としてもすごいのですが、Alex Webbがすごいのは、そこにアートの要素が加わっていることです。

色、光、影の使い方、構図がとにかく素晴らしく、何度見ても息を呑むすごさです。

しかも、全体で120枚ほどの写真が掲載されいているのですが、そのどれもが素晴らしく、飽きることがありません。

基本的に中米や南米の写真が多く、日本とは街並や光など環境は異なるものの、構図や光の使い方など、新たな気付きや発見を与えてくれると思います。

たまに増刷されてアマゾンでも販売されたりしています。(今はアマゾンでは中古しか出ていないようです)


A masterpiece by Alex Webb, who is the member of the Magnum Photos with photos taken for 30 years from 1979 to 2010.

Besides its documentary aspect which captures some of the historical moments such as the election in Haiti after the long dictatorship, what’s amazing about his photos are their artistic elements.

All the photos (as many as 120 photos) in this book are absolutely amazing-  the use of colour, lights and shades are beautiful and keeps me fascinated every time I open this photobook. 

Most of the photos are taken in North and South Americas so the cityscape might be different from where you often take photos especially if you live in Japan- however the composition of the photos and the use of light will surely give you new perspectives and discoveries!



2.Sightwalk / Gueorgui Pinkhassov


ピンカソフもMagnumのメンバーですが、Alex Webbとはタイプが異なる写真家です。

彼の場合はよりアート色が強く、より「美しさ」にフォーカスした写真家だと思います。

この写真集は、すべて日本で撮った写真が掲載されているのですが、普段自分には全く見えていなかった視点ばかりで、衝撃を受けました。この写真集は、今ならアマゾンでも販売されています。

彼はインスタにも主にiphoneで撮影した写真をアップしているのですが、そちらも新鮮な視点が多く、勉強になるのでオススメです。


Pinkhassov is also a member of Magnumphotos, however his style is different from that of Alex’s- I think Pinkhassov’s photos have more emphasis on the aesthetic element, the notion of  “beauty”. 

All the photos in this book are taken in Japan, and when I first opened the book I was overwhelmed at how different his perspective is from mine. 

He posts photos taken with his iphone on his instagram, and this is also full of fresh perspectives, highly recommended!



3.Wild Flowers / Joel Meyerowitz


ジョエル・マイエロウィッツはカラー写真のパイオニアと言われている巨匠です。

この作品には色々な写真が載っていますが、共通しているのは、全て「花」が登場する写真だということです。

ただ、花が登場するといっても単純に花を撮っているわけではなく、日常の美しさや面白さ、皮肉さなどを捉えたストリートフォトで構成されています。

まさに花のような人生の瞬間を捉えた写真集です。

組写真の組み方としても参考になります。



以上、私の好きな写真集をご紹介しましたが、写真の好みは人それぞれです。

皆さんも、自分の好きな写真集を探してみてはいかがでしょうか?

それではまだ次回。


Joel Meyorowitz is, as you might know, the pioneer of colour photography.

The message in each photo varies from the beauty to the irony of life, which is delivered through one common theme among all the photos in this book- “the flower”. 

It is also an amazing example of series photos.


So the above three are my favourite photo books, but last but not leadt the preference of the photo book really depends on your preference - so what are your favourite photo books?

Hope to see you soon!




#alexwebb #gueorguipinkhassov #joelmeyerowitz

66回の閲覧