• Yume Katsumi

おうちで撮ろう📸

最終更新: 5月31日

Let's Take Photos at Your Home


お元気ですか!

How are you doing?



こんにちは!外出自粛が続いていますが、お元気ですか?


見えないウイルスが原因で生存の危機に経済的な不安が重なり、ついつい思考がネガティブになってしまいがちな今日この頃。

しかし、自身の視点や感性を覆す想像力が人間にはあるはず、、、。


状況は変化を続けますが、自分の感覚、そして感謝の気持ちを大切に、生きたいものです。


Hello to all of readers! How is your life in such a tough situation that you need to be in your home? Invisible virus causes a crisis of survival and financial anxiety, which make our thoughts negatively, but I strongly believe that we have a great imagination that overturns our sense of value. The situation continues to change frequently, but I want to maintain my own feelings and value and live to thank you to all.




おうちで撮る📸に至った経緯

Reason why I decided to take photos at my home


さて、そんなこんなで外で写真が撮れない昨今、唯一堂々写真を撮れる場所があります。

そうです、「おうち」です!!


家というのは、考えてみると自分の様々な側面がはっきりと現れている不思議な場所です。

ある場所には家族や友達の思い出が詰まっていたり、

はたまた自分の部屋の本棚を探れば昔に書いた日記や学生の時の講義メモが出てきたり。


タンスには数年着ていないのになぜか処分できない服、本棚には幼少期に母親によく読み聞かせてもらった絵本、、、

はたまた客間は少しすましておしゃれなものが置いてあったり。


過去の思い出や自分の価値観が詰まっていて、それが逆に自分の心に思い描く理想とかけ離れていたりします。


ストリートフォトグラファーとしての切り口から考えてみると、私にとって家を一歩出たらそこは「outside=street」です。

自分を取り巻く環境であることには変わりないのに、何が「うち」を「うち」、「そと」は「そと」たらしめているのでしょうか?


そう考えてみると、なんだか魂が肉体から解放されないように、自分自身も物理的に家にあるものから解放されていない、、、気がする、、、のはこの時期だからでしょうか。


さて、そこで私は思いました。


そんな自分の「おうち」に対して、自分が写真を取ることによって、新しい気づきがあるのではないかと。


思い立ったらやってみるしかありません。さあカメラを片手に家の中を散歩です!!


By the way, we cannot take photos outside nowadays, but there is only one place where we can continue shooting. That is your home!

when you think about your home or own room, you could notice that they are kind of mysterious places where you can see who you are. 


For instance, If I  look at some place in my house, I can find memories of family and friends, If I see the bookshelf in my  room, I can find diary journal I have written in the past and lecture notes when I was a student.

if I see my closet, there are clothes that I haven't worn for a long time for some reason in the closet, children's books that my mother have often read to me in my childhood on the bookshelf, and a little fashionable things in the living room...


The room may be filled with memories of the past and my own values, which may be far from my ideals.Thinking about it as a street photographer, when I left home, I can normally think I am in outside = street. However, I wonder how we usually decide and say where is inside(home) and outside?


If I think about that, it is little hard to explain but I feel like my soul is always in my home even if I go outside. Therefore, I thought that I could find new things if I look at carefully my home and rooms and take photos as same as shooting in outside. Let's walk around in your home with your camera!




おうちで撮ろう📸

Let's Take Photos at Your Home



早速ですが、これが我が家のトイレの手を洗う場所です。

窓際に置いてある草がちょろちょろしていて可愛いです。


This is my bathroom. The plant that is put on the window looks cute.




うちの洗面台です。


父親の香水が置いてあったり、私の化粧落としが置いてあったりします。

父親は、肌の保湿に気を遣って高めの化粧水を使っているらしいです。

あと、母親がいつも掃除してくれるおかげで洗面台はかなり清潔です。


なんだか神聖な気持ちさえ覚えます。


This is a place where I wash my face and hands. There are my father's perfume and my makeup remover. It seems that my father cares about the moisturization of his skin and uses a expensive lotion.

Also, I can recognize that here is always  pretty clean because my mother always cleans up. I feel there is solemn and mysterious.




昨日は雨が降っていたので、玄関に傘が干してありました。

干しておいてくれたのは母でしょうか。


This is the entrance. It was rainy yesterday, so there was an umbrella to dry the water drops.




さて、次はみなさんお待ちかね(?)の台所に突入。

丁寧に可愛い茶碗拭きが干してあるなぁ。


Next is kitchen. The cute cloths for wiping teacups are carefully dried.





こちらもまたまた片付いていますね。

暗い中にも光も差していて落ち着きます。鍋の中には杜仲茶(とちゅうちゃ)が作ってあります。

健康に良いとのことでこれもまた、母の気遣いです。


Here is also organized well.

Even in the dark, the natural light shines interior space and makes me calm down. "Tochucha", that  is good for health, is made in the pot, and my mother made it for me. 



新たな気付きと感謝の気持ち

New findings and application to all


さて、それでは本日はこんなところで、、、。

日常の一部となっているおうちで写真をとってみると、自分がしていることが本質的に街で写真を撮っている時と変わらないことに気づきました。


それは、新しい自分の感性や感情の断片をまわりの環境に見つけようとすること、そしてじぶんとまわりの世界が色々な方法で「つながっている」幸せな感覚を得ることです。


また、今回は家で写真を撮り、自分素敵だと思う景色の中に一緒に住む家族の思いやりがあることに気づき、温かい気持ちになり、感謝の気持ちが芽生えました。


このような機会なので、自分の「なか」にあるものをこれからも見つめ直してみようと思います。


写真を撮るのも一つの方法ですし、ひょんな行き違いで疎遠になってしまった人や、

遠くに住む友達に連絡してみたり。

友達の写真をもう一回編集し直して送ってみたり。


世界や人との新しい関わり方が見つかるかもしれません!


それではみなさん、どうかご無事で、お元気で!


When I took photos at home, I could realized that it was essentially the same as when I was  shooting snapshots in the city.

 I think that is because finding new sensibility, fragments of my feeling and values, and realizing what the world is connected in some ways are same things.  Also, I realized that there are a lot of my family's kindness in views that I felt be beautiful, and I thought I need to applicant for that. I think now is a good time to look back myself. Taking a picture is one way to find new things, and contacting friend who lives faraway or who have not been contacting for a long time is also good. You may find new ways to interact with the world and people in different countries!


Thank you so much for reading and I hope you will keep safe! 









40回の閲覧