SHOWCASE

Chaos documenting Chaos

 

Photographer: Bektur Ryskeldiev

Country: Kyrgyzstan

これは、パンデミック後の大都市での孤独、疎外感、空虚さのトピックに触れた、夜の東京周辺を主に撮影した継続的な探索シリーズ。

 

ほとんどのショットで人物をメインに被写体として取り上げているが、このシリーズでは、被写体の人物を影、断片、または無生物として提示することにより、意図的に詳細を曖昧化している。

 

全体的にこの作品は、視覚的コミュニケーションの主要な形態として、コントラストの高い暗い色調、少ない照明、幾何学など、ネオノワールの美学からインスピレーションを得ている

Biography:

Bekturは、日本を拠点にメディア研究者およびメディアアーティストとして没頭し活動する写真家。キルギスタン出身のBekturは常にディストピアの未来、進化した人間またサイバーパンクのテーマに魅了され続けてきた。  

 

Bekturは、最初のデジタルカメラを手にした後、1年も経たないうちに Greg Girard、Ernst Haas、Hiroshi Sugimoto、David Lynchなどのアーティストや写真家を研究し、写真における独自の視覚言語の開発に取り組んだ。